メニュー

けいれん(ひきつけ)の救急対応

救急で最も重要な症状が痙攣です。

 

痙攣(ひきつけ)を起こしたら

1.まずあわてないこと。

2.時計で時間を確認。ほとんどのけいれんは5分以内にとまる。
3.舌をかむ心配はないので口に強引にものを詰め込まない。

4.吐き気がある場合は吐いたものが気管に入らないように顔を横に向ける。

5.着ているものをゆるめて5分間様子を見る。
6.けいれんが5分を超えたり、半身のけいれん、けいれんを繰り返すようなら救急車などで病院へ急行してください。
7.けいれんが収まっても初めての方は病院へ。

 

けいれんの鑑別 

けいれんの原因は様々ですが、年齢と発熱の有無より簡単な鑑別ができます。

新生児期の有熱のけいれん

重症感染症になり易いため、化膿性髄膜炎、敗血症、肺炎、破傷風、ヘルペス脳炎などが原因となり、無熱では分娩時の障害、先天的な要素より脳出血、硬膜下出血、核黄疸、テタニー。低血糖などが原因となる。

 

乳幼児期の有熱のけいれん

ほとんどが熱性けいれんで、その他には脳炎、髄膜炎、脳症が原因として多く、無熱のけいれんでは点頭けいれん、憤怒けいれん、脳変性疾患、てんかんなど。

 

学童期の有熱のけいれん

脳炎、髄膜炎、脳症、破傷風などで熱性けいれんはこの年齢ではなくなる。無熱では、てんかんが多く、脳外傷、脳腫瘍、ヒステリー、低血糖、失神、高血圧性脳症などが原因となる。

 

熱性けいれん 

「熱性けいれんは、通常38度以上の発熱に伴って乳幼児期に発症する発作性疾患で、中枢神経感染症、代謝異常、その他の明らかな発作の原因疾患のないのも」と定義されます。 原因ははっきりしておりませんが、乳幼児期は脳の循環代謝が盛んで神経の接続が混沌としており、電線に例えると、絶縁のない電線がめちゃくちゃに張りめぐらされ、水の中に浸かった状態で、すぐにショート、放電しやすい状態にあります。これに加え遺伝的要素、発熱、感染などの要因が加わることにより熱性痙攣が発症すると考えられています。

 

けいれんを起こしやすい年齢は生後10ヵ月から3才で、4~5才で発作を起こさなくなります。熱性けいれんの約70~80%はウイルス感染に伴って起きてきますが、特にインフルエンザウイルス、ヒトヘルペスウイルス6、7型(突発性発疹)、ロタウイルスなどが要注意です。
発作の持続時間は、90%が10分以内で、なかでも5分以内のことが多いです。

 

けいれんの予防 

熱性けいれんを繰り返す可能性のある子どもが熱を出したら、37.5から38度に上がった時点でダイアップ坐薬を挿入してください。約10分で効き目が出ます。その後も高熱が続くようでしたら体を冷やしたり解熱剤を使ってください。高熱持続の場合、8時間後に二個目のダイアップ坐薬を挿入してください。これで二日間は有効血中濃度が維持され、けいれんを起こす確率は少なくなります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME