メニュー

よく見かける感染症

一般的な登園・登校の基準

インフルエンザを例にとると、発熱など症状がある時は安静にしましょう。ウイルスの排出がなくなり、人に感染しなくなる期間、たとえ薬によってすぐ解熱したとしても、発症して最低5日間は登校できません。つまり症状のある時期、人に感染する時期は登校できないというのが考え方の基準で、それぞれの病気により異なることとなります。

 

マイコプラズマ肺炎

アデノウイルス感染症

咽頭結膜熱(プール熱)の画像

水ぼうそう(水痘)

溶連菌性咽頭炎

ヘルペス性歯肉口内炎

RSウイルスによる細気管支炎

ヒトメタニューモウイルスによる細気管支炎

帯状疱疹

手足口病

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME