メニュー

救急病院受診が必要な子ども

救急病院受診の目安になる重要な症状は、けいれん(ひきつけ)、頻回の嘔吐、40度以上の高熱、ぐったりして元気がない、喘息などによる呼吸困難、強い腹痛などです。これらの症状にはいろいろな病気が隠されていますのでぜひ救急を受診してください。

 

最近の夜間の救急病院はコンビニ化の傾向があり多くの軽症患者が集まるため、忙しさと医師不足でてんてこ舞いの状況となっており、本来の救急患者への対応がうまくいっていません。この点を考慮していただき受診するようにお願いいたします。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME