メニュー

一般診療

小児科は子どもの総合診療医です。

 IMG_9519

 

子どもには月齢・年齢によって注意が必要な病気や子ども特有の病気、症状の進行があります。「何科にかかったらいいんだろう?」と迷ったときは、まず当院を受診してください。お子さんの病気は、軽い症状で始まっても、急激に病状が悪化することがあります。少しでも気になることがあれば、ささいなことでも遠慮なくご相談ください。症状の程度、検査結果によっては、大きな病院へすぐにご紹介いたしますのでご安心ください。

 

よくある症状

一般診療 

発熱・咳・鼻水などの風邪、嘔吐・下痢・腹痛などの胃腸炎など

耳・鼻の症状

鼻水・鼻づまり、耳の痛みなど

目の症状

目やに、ものもらい、目のかゆみなど

皮膚の症状

発疹、乳児湿疹、オムツかぶれ、肌の乾燥、蕁麻疹、あせもなど

 

漢方薬の使用について


 当クリニックでは、漢方薬の処方を多く行っております。

西洋の薬は効果もはっきりしており、非常に有用ですが、使い方を間違うと大きな副作用を生じます。例えば鼻水の薬で使われている抗ヒスタミン剤は、脳に作用し眠気を誘い、痙攣の発作を助長します。

一方漢方薬は、長年の歴史より人に優しく、効果も非常にあります。当クリニックでは西洋の薬と漢方薬をうまく組み合わせて、子どもたちに優しい処方を心がけています。

 

おうちの方の診察

お子さんの風邪をもらってしまうことはよくあることです。病院に行きたくても忙しく、受診できないことがあるかもしれません。当院では、お子さんと一緒に診察いたしますので、受付時に遠慮なくお申し出ください。また、インフルエンザの予防接種も、ご家族そろって接種できます。

 
 
 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME