メニュー

手足口病

飛沫感染が主ですが、便を通じても感染します。乳幼児に多く、潜伏期間は3~6日。

症状

手の平、足の裏、口の中に小さい水ぶくれができます。おしりや膝にできることもあります。熱はたいてい出ませんが、ときに高熱が出ることがあります。手足の水ぶくれは痛がりませんが、口の中が痛くて食べられなくなることがあります。エンテロ71のタイプでは脳炎、髄膜炎を起こしたり、爪が剥がれるタイプもあったりして、決してすべてが軽い病気ではありません。

 

口内に多数の水疱。

足底の水疱 日数がたち少し黒ずんできました。

手にも多数の発疹。

治療

治療をしなくても自然に治ることがほとんどです。熱や口の中の痛みがある時はその薬を処方します。

ご家庭で気をつけること

・口の中が痛む時は、熱いもの、塩味や酸味の強いもの、固いものは控えましょう。

・熱がなく元気なら入浴してもかまいません。

もう一度受診しましょう

・口の中が痛くて水分をあまりとれない時

・高熱が続く時

・吐いてぐったりしている時

登園・登校

口内痛や発熱がある時はお休みしましょう。熱が落ち着き、食事も普通に食べれるようになればよいでしょう。病初期は感染力も強いので、元気でもお休みしましょう。発症後2週以上糞便に排菌があり、一般的な登園・登校基準では遅くなるため、特例として基準を設けませんでした。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME