メニュー

お腹の病気

お腹の感染症には、ウイルス性のものと細菌性のものがあります。ウイルス性では、ロタウィルスによるもの、ノロウィルスによるものが代表的です。細菌性では、O157のような病原性大腸菌によるもの、サルモネラによるもの、カンピロバクターによるものの3種類が代表的です。その他では、急性虫垂炎、腸重積症が重要です。以下に各々ついて触れます。

 

感染性胃腸炎

        ・ロタウイルスによるもの

        ・ノロウイルスによるもの

・細菌性腸炎

        ・腸管出血性大腸菌感染症(O157)によるもの

        ・サルモネラ菌によるもの

         ・カンピロバクター菌によるもの

・急性虫垂炎

・腸重積症

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME