メニュー

新型コロナウイルス感染症の対応について

新型コロナウイルス感染症の感染が全国へ拡大し、今、第三の波が襲来しようとしています。感染の制御と経済の発展を両立させるべく、対応を模索しています。これまでは保健所(国)を中心とした対応でしたが、市中感染症化に伴い、医師の裁量、医師会を主軸とした対応に変化しつつあります。基本的な方針はこれまでどうり国が主導しています。対応が変わってきましたのでお知らせします。

これまでは新型コロナウイルス感染症の疑いのある方は、「帰国者・接触者相談センター」に電話で相談し、指示を受けていましたが、10月からは、新潟県に在住の方は、「新潟県新型コロナ受診・相談センター」に相談していただくように変更されました。(365日24時間対応)

 025-256-8275

また長岡市保健所でも平日の午前8時30分から午後5時15分まで相談を受け付けています。

 0258-33-4932

 

当クリニックがかかりつけの患者さんは、発熱があった場合又は新型コロナウイルス感染症の疑いがある場合は、直接クリニックに来院するのではなく、必ず電話で病状を伝え、その指示に従ってください。詳細は「外来対応についての詳細」をご覧ください。

外来対応についての詳

R2.11.12更新

子どもたちの健やかな成長を願い、子どもたちの未来のため、エンゼルクルーが皆様の健康と育児を応援します。   

お知らせ

newクリニックの工事が始まります [2021.02.16更新]

newクリニックの工事が始まります

クリニックの新しい展開 [2021.02.03更新]

クリニックの新しい展開

日本脳炎ワクチンの供給不足への対応 [2021.01.29更新]

2021.1.29 日本脳炎ワクチンの供給不足への対応

化学物質過敏症について思う事 [2021.01.04更新]

化学物質過敏症について思う事

感染症情報・医師会のPCR検査・インフルエンザワクチン需給 [2020.12.04更新]

感染症情報・医師会のPCR検査・インフルエンザワクチン需給

化学物質過敏症の記事が新潟日報に [2020.10.06更新]

化学物質過敏症の記事が新潟日報に

新型コロナウイルスへの対応(8・21) [2020.08.21更新]

新型コロナウイルスへの対応と長岡市医師会が行っているドライブスルー方式のPCR検査について

「子どもの新しい生活様式(学校生活でのマスクについて)」 [2020.08.06更新]

「子どもの新しい生活様式(学校生活でのマスクについて)」小児科の専門医でつくる日本小児科医会は4日、熱中症が懸念される中、子どもの学校生活でのマスクの着用についての考え方を示しました。

なぜ?子どもの感染率低い(新型コロナウイルス)を追加しました [2020.07.10更新]

なぜ?子どもの感染率低い(新型コロナウイルス)

 

2020.12.4    感染症情報・医師会のPCR検査・インフルエンザワクチン需給

2020.10.28 感染症情報とインフルエンザワクチンについて

2020.9.3     感染症情報とインフルエンザの予防接種について

2021.1.2  「化学物質過敏症について思うこと」を追加しました

2019.11.6     快便の秘訣 「便秘でお悩みの方へを追加しました

2019.10.19   「抗生物質は万能薬??」を追加しました

2019.9.3       「子どもたちの命」を追加しました 

ご家庭で少しでも安心できるよう、子ども達の健康のために情報発信していきますので、参考にしていただければと思います。

新型コロナウイルス感染症

どもの病気

目で見る病気

家庭でのケア   更新しました 12/18

救急時の対応

子どもの事故

子育てについて 

赤ちゃんの気になる症状

初めてのママへ

 休診日:木曜・土曜午後、日曜、祝日

 

クリックしてGoogleMapを表示

〒940-0023

新潟県長岡市新町1-2-29

駐車場30台

出入り口: 県道側3カ所、反対側1カ所

 

当クリニックは、下記医療機関と緊密な診療連携を結んでいますので、入院や精密な検査が必要な際には、適切なタイミングでのご紹介が可能です。

長岡赤十字病院

立川綜合病院

長岡中央綜合病院

 

☺︎

/
インスタをご覧いただき
ありがとうございます。
\

インスタを投稿していると
投稿しているのは誰?と
聞かれることがあります。
ご挨拶が遅れましたが
自己紹介させてください。

3児の母で看護師のおおたりかと申します。
他に離乳食アドバイザー
ケアマネ、FP2級を
取得しています。

子どもは年長さんと小学生2人です。
まだまだ甘えん坊で
ママの隣で誰が寝るか
未だにケンカしています。
こんな風に甘えてくれるのは 
今だけだと思うと愛おしいです。

子どもが小学生になりましたが
悩みは尽きません。
まさに子育て奮闘中です‼︎


出産前は
子どもがいる
楽しくて幸せな生活を 
想像していました。

もちろん
そうなのですが
子どもが小さい頃は
思うようにいかないことの繰り返しで
時に悩んだり
不安になったり
イライラしたり。
看護師だからと言っても
分からないことだらけで
落ち込む日もありました。

ある日の夜中
匡哉医師のところに
電話がかかってきました。
電話の相手は
赤ちゃんがいる女医さんです。
子どもが吐いたと心配して
電話をかけてきたようです。

お医者さんで知識がある方でも心配なんだ…
お医者さんも1人の親…
一緒なんだ…

医療についての知識がある私達でさえ 
不安になってしまうのに
ママ達はもっと分からず不安なのでは…

自分自身が子育てを経験したことで
子ども達やそのご家族に
何かできることはないだろうかと 
考えるようになりました。
そして昨年から 
匡哉医師とインスタを始めました。

見にくい投稿や誤字脱字等
あるかもしれませんが
少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

おおたりか

#小児科#子ども#アレルギー#クリニック#新潟県#長岡市#長岡#長岡市小児科#長岡アレルギー#子育て#長岡プレママ#長岡プレパパ#長岡ママ#長岡パパ#長岡プレママと繋がりたい#長岡ママと繋がりたい#長岡パパと繋がりたい#太田こどもクリニック#子育て家族に情報発信#子どもを守りたい#子育て家族を応援したい
...

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME